2008年06月09日

釣りとは難しいものだ

ライズを釣る
流れを釣る
全てキャスティングが付きまとう
フライがそこに落ちないと始まらないのです
理想は、狙った・・睨んだポイントにフライが落ちればいいのです
狙ったポイントにフライを落とす練習はしましょうよ
それだけはできるようにしましょう
基本とはそれです

キャスティグは難しいと考えてしまうが
野球の素振り
ゴルフのスイング
それの延長です
ラインを通さなくていいですからロッドを振る
それが大切なのだろうね
イメージとしては竿のトップにオレンジを突き刺し
そのオレンジを狙ったポイントに飛ばしてやる
そんな感じです、バックキャストが大切で
そこに気付かないと失格です
バックスペースにオレンジを飛ばしてやる感覚
それを絶対に忘れてはいけません
バックキャストが重く感じれば前はスムーズにでます

私はロッドを振る感覚を表現すると
指揮者のタクトのようにロッドを振ります
普段はそんな釣りを心掛けています
心が穏やかでないとベートーベンの運命の扉を叩くべく振り方をするが
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
普段は好きな、G戦場のマリアの感覚で振っていきたいのですが
STルイスでこのテンポでの釣りは格別です

でもBTでテンポよく岩魚釣りが似合ってるてと思われているよな
あれは漁師の時なんだけどな〜
BTはマッピーのGスポットってサザンのテンポだろな!
posted by Rohgan at 21:53| 秋田 ☀| Comment(4) | フライキャスティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月26日

昔は変でした

マグロと思って最強ロッドを持つ。
しかし、振れない。
でも振る努力をした。
重いロッドも軽いロッドも飛距離はさほど変らない。
結果、なんでも振れるようになっていた。
たいして飛ばない、竿振りは難解なものだ。

こんな竿ばかり手元に残る。
cap.jpg
posted by Rohgan at 21:19| 秋田 ☁| Comment(0) | フライキャスティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月08日

酔った勢いでキャスティング

13時間呑んでいたのに次の日はキャスティング
まさに変体の次元

寒いし風も強いし・・嫌だった・・・
実は師匠に負けるのが嫌だったのだ
しかし結果は!お互い下手
(下手の意味を履き違えないように、君達とは比較すんなよ)
いや〜これから練習のし甲斐があるってもんだ

しかし、若い頃はよくあんな長いライン振ったもんだよな〜
ってお互い感心したのでした
cast1.jpg

お互い負けじと水面下で振りまくるだった


cast3.jpg


posted by Rohgan at 18:53| 秋田 🌁| Comment(0) | フライキャスティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月22日

決心した次第であります

私はキャスティングに満足はしていない
中途半端に終わったわけでもない
ただ師匠が止め処もなくキャスティングをしているから
ついていけね〜のよ!
その師匠が俺をオダテルものだからついに決心しました
俺はキャスティングに燃える
まずは今からやってます
続きを読む
posted by Rohgan at 18:00| 秋田 ☁| Comment(0) | フライキャスティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。