2006年07月19日

大陸鱒

ノルウェーからアトランティックサーモンが届いた。
ケンサワダが惨敗と聞いていたので心配してはいたが
あの男なら絶対いい結果を出せると信じていた
私の感触では去年よりステップアップしたはずだ
フライは沢山持ったか、ラインは送ったか、ロッドティップは立てていないか、綺麗な奥さんを残して心配だっただろうに・・
・・と、心配は尽きない・・

時差ぼけの虹のパパ結果報告待ってます・・
(ちっ(怒った顔))
salmon2.jpg
・・近々このパターンでやるすべ。
posted by Rohgan at 06:35| 秋田 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 平凡な2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月09日

mocomoco

ゾンカーで巻きたいフライがあったので巻く

posted by Rohgan at 21:15| 秋田 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 平凡な2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月07日

釣れるフライ

イーグルやマラブーでチューブを巻いているが

いざ巻くとなるとマテリアルに不満を覚える

なんでもできればいい訳ではなく

出来上がったときのバランス

流れを捕らえたときの動き

キャスタビリティー

あれやこれや考えて巻くと

結局同じフライが巻けない

 

 

釣れるか否かは魚がそこに居るかいないか

 

 

 

posted by Rohgan at 16:21| 秋田 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 平凡な2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月06日

45mmチューブフライを巻いてみた

チューブフライやウォデントンフライを知りマテリアルの単純さにタイイングの楽しみは生まれてこなかった

最近発売されたタイイングブックはいろんなのが載っていて刺激がある

カリスマなのか

暫く納得のいくものができながったが

やはり自分の納得するチーブフライはこうなってしまう

この路線で量産します

かなり気に入っている

・・・・・・

ウフフフ

posted by Rohgan at 16:01| 秋田 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 平凡な2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月31日

現実

何時だったか、サクラの釣れるフライってあるかな?
って、聞いたら。
これがそうだ。
って、出されたフライ。
黒いボディ、オレンジのハックル、ヒーロンを巻いたウォデントンフライだった。
これほどミスボラシイフライは、なかなかないであろう。
これが水中を流れる姿を想像するとガッカリする。
 
一応信じて阿仁川で使ってみた、
 
1打目。
お見事ヒット。
それからミスボラシイフライの虜になった。
 
しかし、綺麗なフライで釣りたいし、今はミスボラシイから抜け出した。
 
なぜ、ミスボラシイフライが魚に好まれるのか。
謎なんです。
 
・・・・そのフライ。
わたし、かなり実績つくってしまいました。
そして
何故このフライに食いついたか魚に聞いたが教えてくれませんでした。
 
答えは、俺を引きずりまわしたお前らとは
口も聞きたくない。
 
それが答えの・・・ようだ。
 
posted by Rohgan at 18:51| 秋田 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 平凡な2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。