2008年09月03日

ヤマメ

自分事では、そんなにヤマメに執着している訳ではない
 少ない休みなのに、わざわざ小さいフライで、
見えないの、細いティペットでテンポの遅い釣りを虐げられる
決して、楽しい釣りだとは私は思わない
 春先に尺ヤマメを釣って帳尻を合わせる。
それが自分流、たいして引かないクタクタした尺ヤマメ
日本人だから大きさだけにこだわる、自慢の種だけ
 自分は、これで岩魚に没頭できると、元気なメタボ岩魚と遊ぶ
 岩魚様とて、それぞれの川でいろんな表現を見せてくれる
岩魚は簡単に釣れると誰しもが言う、私はそれには苦言を呈する
なぜかというと、皆は簡単に岩魚と楽しんでいるようには見えないからだ
ヤマメは難しい釣りとしたいだけの事であって、
そこにはまだ自分は未熟です
と、遠まわしに言っているとしか聞こえない
岩魚もヤマメもさほど違いはない、そう私は思う。

秋のヤマメはなかなか釣れない、しかしヤマメの価値とはこの一本だろう

828se36.JPG

828se40.JPG

尺には泣いたが、弾丸のような体型、小さな顔、
ヒットして後の強烈な引き、淵を下ってネットにおさまった
この一匹で今年の終演となった
しかし、価値あるヤマメ、体色、体高、全てが
一級品であった、この一匹の為に1年を費やした
そう言えるヤマメであった



釣ったのは私でないよ・・オレンジの貴公子です

posted by Rohgan at 20:22| 秋田 ☔| Comment(2) | 2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。